別府の調査技術・その他の工法

01J-SYSTEM 次世代赤外線画像判断支援システム

J-SYSTEMは構造物の診断前、診断中、診断後の3つのステップでコンクリート内部の危険な浮きを絞り込みます。離れたところから面的にコンクリート構造物の損傷を検出する優れた非破壊検査手法です。このシステムにより、危険な浮き箇所をピンポイントで把握できるため、その後の点検・補修作業を無駄なく、効率的に行うことができます。当社ではこのシステムをいち早く導入し、インフラの調査業務に取り組んでおります。

※ J-SYSTEM:西日本高速道路エンジニアリング四国株式会社が開発したを利用した赤外線調査技術。

  • J-SYSTE
  • J-SYSTE
  • J-SYSTE
  • J-SYSTE

工事実績

J-SYSTEM 次世代赤外線画像判断支援システムを利用した工事実績です。

02赤外線画像診断

J-systemにより取得した赤外線画像データを使用してコンクリート内部の状況を推定し、コンクリートの劣化状況の診断を行います。

また、当社ではJ-SYSTEMによる診断精度の向上と調査技術者の養成のため、赤外線画像診断研究会に入会し技術研鑽に取り組んでおります。

 ※ J-SYSTEM:西日本高速道路エンジニアリング四国株式会社が開発したを利用した赤外線調査技術

  • 赤外線画像診断
  • 赤外線画像診断
  • 赤外線画像診断
  • 赤外線画像診断

工事実績

赤外線画像診断を行った工事実績です。

03コンクリート内部探査ストラクチャスキャン SIR-EZ XT

当社ではコンクリート構造物内や道路・橋梁・アスファルト・地面内の鉄筋・電線管・空洞・ジャンカ・ひび・クラックの位置や深度、かぶり厚を正確に探査可能な一体型電磁波レーダ方式のコンクリート内部探査機器(鉄筋探査機)を使用して、インフラの調査を行っております。

  • コンクリート内部探査ストラクチャスキャン SIR-EZ XT
  • コンクリート内部探査ストラクチャスキャン SIR-EZ XT
  • コンクリート内部探査ストラクチャスキャン SIR-EZ XT
  • コンクリート内部探査ストラクチャスキャン SIR-EZ XT

工事実績

ストラクチャスキャン SIR-EZ XTを使用した工事実績です。

04橋梁点検・調査

当社では供用されている道路橋の点検を行っております。
また、(一社)橋梁調査会の会員となり、道路橋点検の技術の取得や技術者の育成を行っております。

  • 橋梁点検・調査
  • 橋梁点検・調査
  • 橋梁点検・調査
  • 橋梁点検・調査

工事実績

橋梁点検・調査を行った工事実績です。

05橋梁塗膜調査

鋼道路橋の適切な維持管理を行うためには塗膜調査を行う必要があります。当社では、塗膜の劣化状況や塗膜厚の調査を行います。また、既設の塗膜には重金属(鉛、クロム等)やPCB等の有害物質が含まれている可能性があるのでその調査も行います。

  • 橋梁塗膜調査
  • 橋梁塗膜調査
  • 橋梁塗膜調査
  • 橋梁塗膜調査

工事実績

橋梁塗膜調査を行った工事実績です。

06施工REVO

従来の2次元図面を3次元化し可視化することができるシステムです。施工前に3次元化したモデルを作ることにより、設計図のチェックや確実に施工を行えます。また、このデータに時間軸を付加することができるので、将来的な維持管理にも役立ちます。
またUAV(ドローン等を使用した測量データ)と「施工REVO」によるCIM情報とを統合し、「i-Construction」に対応できるようシステムの構築を行っております。

  • 施工REVO
  • 施工REVO
  • 施工REVO
  • 施工REVO

工事実績

施工REVO (建設システム)を使用した工事実績です。

07ドローン

当社では、ドローンを使用して工事の施工管理や橋梁等の調査などを行っています。
またUAV(ドローンを使用した測量データ)と「施工REVO」によるCIM情報とを統合し、「i-Construction」に対応できるようシステムの構築を行っております。

  • ドローン
  • ドローン
  • ドローン
  • ドローン

工事実績

ドローン(PHANTOM)を使用した工事実績です。

08日本SPR工法協会

SPR工法
SPR工法は既設管の内側に硬質塩化ビニル製プロファイルの更生管を製管し、既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填。古くなった管きょを既設管・更生管 ・裏込め材が一体となった強固な複合管として蘇らせます。

SPR-PE工法
SPR-PE工法は、スチール部材で補強したポリエチレン樹脂を複合させた帯状部材(PEプロフィル)を既設人孔内に設置した製管機で連続的に融着して既設管内に自立管を構築する工法です。

オメガライナー工法
オメガライナー工法は、あらかじめ工場でω状に折りたたんだ形状記憶性能をもつ硬質塩化ビニル管を既設管内に引き込み、蒸気で加熱することで円形に復元し 圧縮空気により既設管と密着させ強固な自立管を構築する工法です。

RPC工法
RPC工法は、上下に二分割した平行四辺形のプレキャストボックスカルバートを既設管きょ等の頂板上部に設けた材料投入孔から既設管きょ内部に搬入し、管きょ内で更生管を構築することで、矩形きょ、河川や水路を覆蓋した暗きょなど、ボックスカルバート形状の下水道管きょに自立管きょを構築する工法です。

  • ドローンSPR工法
    ф250~5000・ф900~6000
    小口径から大口径まで
    あらゆる断面形状を構成する
  • ドローンSPR-PE工法
    ф900~1500 大口径+自立管
    既設管の残存強度ゼロ
  • ドローンオメガライナー工法
    ф150~450 小口径管路の更生に
  • ドローンRPC工法
    ф1800×1400~3500×350
    蓋掛けした暗きょを
    新しい自立管に変える

工事実績

日本SPR工法を使用した工事実績です。

TOP